CSRコンプライアンス

富士通ゼネラルグループのコンプライアンスの基本として遵守すべき事項を定めたFUJITSU GENERAL Wayの行動規範を社内イントラネットへ掲載し、役員、社員への研修を通じて周知を図っています。

富士通ゼネラルグループの行動規範(抜粋)

  • 人権を尊重します

    一人ひとりの人権を尊重し、人種、皮膚の色、宗教、信条、性別、社会的身分、門地、障がい、性的指向などによる不当な差別やセクシャルハラスメントなどの人権侵害行為をしてはなりません。また、そのような行為を助長し許容してはなりません。

    私たちは当社グループの社員として、差別などの人権侵害行為を許さないという毅然とした態度で行動することが大切です。

  • 法令を遵守します

    私たちは、法律、条約、政令、条例、慣習など社会的に公正と認められるルールを尊重し、遵守しなくてはなりません。

    さらに、日頃から社会通念とか、常識、商道徳といったものにも意識を向け、常に個々の活動がこれらに則っているかを点検することが必要です。

    また、私たちは海外でビジネスを行うにあたっては、その国の法律はもとより、歴史や慣習、民族性も十分理解したうえで行動しなければなりません。

  • 公正な商取引を行います

    お客様、お取引先および競争会社への対応は、いかなる場合も公正でなければなりません。

    お客様に対して、合理的な理由がないのに、差別的な対応をしてはいけませんし、お取引先に対しては、常に謙虚な姿勢で接することが必要です。また、競争会社に対しては、不正な手段を用いず、いかなる場合も公正な競争関係を保たなければなりません。

  • 知的財産を守り尊重します

    知的財産が、重要な経営資産として、当社グループの事業活動を支えていること、そのことがお客様にパートナーとして安心していただけることになるのだということを、強く意識して行動することが必要です。

    当社グループの一人ひとりが持つ知識やノウハウそのものがビジネスに優位性を与え、強力な武器となるという理解を深めなければなりません。同時に、他社の知的財産を尊重し、正当な手続きを経て入手、利用しなければなりません。

  • 機密を保持します

    私たちは情報の種類に応じて、取扱いのルールを正しく理解し、 そのルールを徹底して遵守するとともに、不注意により機密情報や個人情報が流出することのないよう常日頃からセキュリティを強く意識した行動をとらなければなりません。

  • 業務上の立場を私的に利用しません

    企業における自分の立場や会社の情報を利用して、または企業における自分の任務に背いて、自分自身や、自分の関係する人のために利益を図ってはなりません。

    また、当社グループの財産を、業務遂行の目的以外に利用・処分してはいけません。 さらに、私たちが当社グループに在籍することにより得られた富士通ゼネラルグループや、他社の未公表情報を利用して、株式や証券の取引を行うことは禁止されています。

社員に対するコンプライアンス教育

社員向けの啓発活動としては、現場のリスク・マネジメントおよび内部統制運用の主体である管理職への研修実施により意識向上を図るとともに、独占禁止法、下請法(下請け代金遅延等防止法)など、必要に応じて各部門の業務に関連する重要法令や、ハラスメント、情報漏洩、贈収賄の未然防止に向けた研修等を2020年度は、10回実施しました。また、コンプライアンスに関する意識啓発を目的とした社員向けのメールマガジンを定期的に配信しています。

なお、CSR研修(コンプライアンス除く)については3回のe-learning研修を実施しました。