CSR 公正な事業慣行

公正な事業慣行に対する考え方

富士通ゼネラルグループは、国内外にわたるサプライチェーン全体を、当社グループが社会的責任を果たすべき範囲と捉えています。部材を納入していただいているお取引先へ、当社グループのCSR調達ガイドラインへの同意と順守をお願いするとともに、現地のお取引先の工場に出向いて順守状況の確認を行っています。お取引先と共に社会・環境への影響を最小限にし、社会からの期待に応えていくことで、企業理念である「- 共に未来を生きる -」を実現します。

公正な事業慣行に対する考え方イメージ

主な活動実績

CSRの取り組みにおけるお取引先への働きかけ

CSR調達


CSR調達の推進

富士通ゼネラルグループは、国内外にわたるサプライチェーン全体を、当社グループが社会的責任を果たすべき範囲と捉えています。お取引先と共に社会・環境への悪影響を最小限にし、社会からの期待に応えていくことで、企業理念である「 - 共に未来を生きる - 」を実現します。

CSR調達ガイドライン

2019年にCSR調達ガイドラインを策定しました。このガイドラインでは、富士通ゼネラルグループのCSR調達方針や指針の理解とサプライチェーンへの周知、ガイドラインへの同意をお願いしています。

「CSR調達ガイドラインの要点」を見る

お取引先現地調査の実施

富士通ゼネラルグループでは、お取引先に対してCSR調達ガイドラインの遵守状況の調査、確認を行っています。 調査にあたっては、事前にお取引先自身の自己チェックをアンケート形式で実施し、現地調査時には人権、安全衛生、環境対策を中心にCSRへの取り組み状況を確認しています。 2020年度は新型コロナウイルス感染拡大の影響により、CSR監査等の現地調査は実施できませんでしたが、セルフアセスメント質問表によるセルフチェックを日本7社、中国4社、タイ5社に対して実施しました。2020年度に実施した調査では、お取引先にCSR上の問題は認められませんでした。

CSR調査結果(イメージ)

CSR調査結果(イメージ)

紛争鉱物への対応

富士通ゼネラルグループは、強制労働や人権侵害、紛争の助長に繋がるリスクの高い鉱物調達について、お取引先と連携しながら、サプライチェーン全体に対する責任ある調達活動を推進しています。

関連情報(リンク)

人権

  • 人権啓発への取り組み

CSR調達方針

  • お取引先との共存共栄
  • 公平かつ公正な評価、選定
  • CSRに配慮した調達活動の推進

グリーン調達

  • グリーン調達のご案内
  • 富士通グループの調達基準
  • 富士通ゼネラルグループ個別の基準