5. 健康経営の取り組み 1

1-1. メンタルヘルス施策全体像

メンタルヘルス施策全体像イメージ

メンタルヘルス施策全体像イメージ

1-2. メンタルヘルス対策

全社員健康面談


社員に対する健康教育・医療職とのつながり作りを主な目的とし、全社員を対象に、産業医や保健師による健康面談(1回15分程度)を実施しています。

下図は、当社における全社員健康面談の効果・機能です。

当社における全社員健康面談の効果・機能イメージ

当社における全社員健康面談の効果・機能

管理職向け研修


1. 全管理職社員向け研修【管理監督者研修「労務管理に関する法改正について」】

労働契約法など労務管理に関する法改正の研修を行い、上司(管理監督者)として部下のマネジメント上のコンプライアンスについて学びました。

2. 管理職社員希望者向け研修【部下の話を聴くための「傾聴」研修】

産業カウンセラーの講師から、話を聴くための「傾聴」の基礎から実践までワークを交えて実践的に学びました。数年かけて多数の管理職に受講機会を提供します。

3. 管理職社員希望者向け研修【治療と就業の両立支援について】

NPO団体の医師とキャリアカウンセラーより、難病疾患(特にがん)についての現状と上司としての対応をロールプレイングを交えて、本人への対応も学びました。

4. 管理職社員希望者向け研修【部下への感情コントロール】

2020年6月施行の改正労働施策総合推進法(通称: パワハラ防止法)における企業側の責務について、臨床心理士の講師から、「職場でよくあるハラスメント事例」を通じロールプレイングを実施し、対応方法を学びました。

5. セルフケア研修【健康維持・ストレス緩和・メンタルマネジメント】

産業カウンセラーを外部から招き、セルフケア(自分自身でストレスの存在に気付き、それに対処するための知識と方法)について学べるオリジナル動画の視聴とオンライン座談会を実施しました。

1-3. 職場活性化

健康いきいきワールドカフェ


2021年度は、希望者を対象として、当社が取り組めるSDGsについて考える場を設けました。

目的

  • 組織の中での自己の存在価値を体験し共感を得ること
  • 組織・部門間を越えて一体感を醸成すること
健康いきいきワールドカフェの様子イメージ

”​健康いきいきワールドカフェの様子”

部門間交流のイベント


終日業務に集中していると目先の人間関係が全てになりがちです。部門間交流のイベントは、社内の様々な人の存在に気づき、部門を越えたコミュニティを作るための取り組みです。最終的には、そこからイノベーションのきっかけが生まれることを目指しています。

~『コーヒーのあるクリスマス・バレンタイン編』~ 提供:スターバックスコーヒージャパン株式会社

専門の資格を持った『ブラック・エプロン』マスターによる 『コーヒーのあるクリスマス』を当社向けにアレンジしたイベントを開催しました。グループで会話を楽しみ、コーヒーでリフレッシュしました。

スターバックス~『コーヒーのあるクリスマス・バレンタイン編』イメージ

~アロマテラピーによる年齢を重ねてもクリアな頭と心ではたらくために~ 提供:株式会社ニールズヤードレメディーズ

ニールズヤードの本店で行っているセミナーを当社向けにアレンジし、講師を招いて開催しました。アロマが"植物の知恵"であり、心身を整える自然療法であること、質の良いリラクゼーションとリフレッシュ等について学びました。

アロマテラピーによる年齢を重ねてもクリアな頭と心ではたらくためにイメージ

提携:川崎フロンターレ(スポンサー企業)~家族を含めたコミュニティ~

年々チームが強くなっていることもあり、労働組合の協力も得て、観戦ツアーを企画し、会場で他部門の社員と一緒に応援することで、「ワン・ゼネラル」を体感してもらいました。ご家族のチケットも購入して家族ぐるみで観戦する楽しみもあります。

川崎フロンターレ(スポンサー企業)イメージ

園遊会~会社から社員と家族に感謝を伝える場~

社員・家族に感謝を伝える場として、よみうりランドを舞台に、当社独自のイベントや遊園地そのものを楽しんでもらいました。

園遊会イメージ


記載されている各種名称、会社名、商品名などは各社の商標もしくは登録商標です。
掲載画像はすべてイメージです。